上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
第192号    2011年 5.4発行

★★5/22環境フェア清瀬で★★
   おちゃわんリサイクルをします

   昨年好評だったおちゃわんリサイクルを、今年も実施します。
   みなさん、ぜひお宅に眠っている食器、ヒビのはいったお皿など、捨てずにお持ちください。

回収するもの 
お茶わん ・ お皿 ・  湯のみ  ・ 小鉢
   この4種だけです。欠けたものでも、新しいものでも構いません。
   花瓶、土鍋、自作陶芸、ガラス、コレールなどは受け取れません。

よいものは販売します
   集まったもののなかで欲しいものがあれば、お持ち帰りいただけます。(1個20円から)

お手伝いして下さる方、大募集!
  昨年は、ひっきりなしに陶磁器が持ち込まれ、品物を確かめて購入される方も多く、 
  大忙しでした。今年は、ぜひ、陶器に関心のある方に、
  当日のお手伝いをお願いしたいと考えます。
  お客さまによく吟味していただき、リユースをコーディネート
  するのは、とても楽しい作業です。
  興味のある方のご連絡をお待ちします。
おちゃわんリサイクル
 ●環境フェア日程:5月22日10時〜16時
 ●会場:清瀬市児童センター(ころぽっくる) 




///埼玉県所沢市の取り組みについて///
所沢市は、岐阜県多治見市の「グリーンライフ21プロジェクト」に協力して、2004
(平成16)年より陶磁器のリサイクルに取り組んでいます。

所沢市の「陶磁器リサイクル推進事業」の流れまずは、所沢市で行なっている陶磁器リサイクルの流れを簡単にご紹介しましょう。


 (1)壊れたりして、いらなくなった陶磁器は、市内各地域の拠点改修やエコステーション 
  (再資源回収所)に自分で持ち込んでもらいます。
 (2)集められた陶磁器はそれぞれの回収地点の「もったいない市」に展示され、市民に再使 
  用(リユース)してもらいます。
 (3)残った陶磁器は、「所沢市リサイクルふれあい館・エコロ」にて展示販売を行ないます。
 (4)さらに残った陶磁器は美濃焼きの産地である岐阜県へ搬送します。
 (5)送られた陶磁器は、多治見市にてリサイクル粘土の原料となり、新しい食器や工業用 
  製品に再生利用(リサイクル)されます。
粘土 

「リサイクル粘土」の原料と、「リサイクル粘土」


6) 所沢市ではリサイクル粘土を利用した陶芸教室を実施し、資源の循環を体験しても   
  らいます。
 (7) リサイクル粘土による新しい食器などを市内の店舗で販売してもらいます。
 (8)その後、破損、不用なリサイクル食器は再度資源として回収されます。   
スポンサーサイト
2011.05.06 Fri l ごみともだち通信 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gomitomo.blog116.fc2.com/tb.php/76-1a2ca120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。