上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2010年 7.28発行
----------------------------------------------------------------------- 
 多摩市で マルチパック回収
               実験がスタート!

----------------------------------------------------------------------

          缶ビールの6缶パック(マルチパック)は、リサイクルマークがついているけれども、
          一般の古紙と 混ぜて出されると困る「回収不適物」です。
    このことは、私たちが数年来問題にしながら、具体的な解決策をつかめずにいましたが、今夏、
    何と、多摩市で突破口が開かれました。スーパー10店舗での店頭回収実験が8月から始まりま
    す。どうやってこの取り組みが実現したのか、「ごみっと•SUN」79号の記事を基に報告します。

●マルチパックのメーカー社長が、突然多摩市を訪問。
今年3月、マルチパックの大手メーカー、レンゴー•リバーウッド•パッケージング(株)の社長と
  部長が突然、多摩市を訪れました。 理由は、多摩市のホームページのごみ分別ガイドに、
  「マルチパックは防水加工してあるため、資源に出せません」「燃やせるごみです」
と写真入りで掲示されている
ため、ということでした。

「環境にやさしい素材」をウリにしているメーカーとしては、見過ごせなかったということでしょう.
 単体で回収できれば、立派に段ボールや板紙に再生できる、
消費者団体からも多くの批判を受けている中、「回収ルートを
作り、リサイクルしたいので、多摩市の力をお借りしたい」
との申し入れをされたということです。


3年前、日消連が公開質問状を出したことが、効いてきた感じです。

●山田洋治商店も全面的に協力!
 多摩市では、同じ頃、アルミつき紙パックの店頭回収を山田洋治商店と進めている最中だっ
たので、同じ回収ルートにマルチパックをのせられないかと山田洋治商店に相談、快諾を得ま
した。 ※回収ルートとコストについては裏面に。

●多摩市が市内のスーパーに協力要請、10店が協力
   6月、多摩市の「エコショップ、エコショップスーパー事業者連絡会」にレンゴー(株)と山田洋
治商店にも出席してもらって、マルチパックリサイクルの意義を説明、市の「第3回お店に返そ
うキャンペーン」の一環として取り組みたいと提案したところ、多摩市内10店舗の協力を得ら  
れたということです。 いよいよ8月から実施します。

<三者の協働>
●回収容器とPOPは、レンゴーと山田洋治商店が用意します。
●30枚まとめて店頭に持ち込んだ市民に提供する景品(キティタンブラー、ノベルティ風呂敷蛍光ランプ)
 は多摩市が提供します。
●回収と景品交換はスーパー店員が行います。

景品がなくなり次第、キャンペーンは終了ですが、店頭回収は継続します。

●回収コストが安く済むワケ
  スーパーから店頭回収される牛乳パックやトレイなどの資源は、配送車両の戻り便で配送
 センターに集められ、これを山田洋治商店が回収しているので、この便に載せます。
 また、チェーンストア11社のグループ「11社会」というのがあり、この会に所属する
チェーンストアは埼玉県の同じ配送センターから製品を納入しているので、資源の大半がこ
こに集まってくる=回収効率が非常によいというわけです。山田洋治商店が回収したマルチ
パックを、レンゴーが山田洋治商店まで10トントラックで取りに行きます。
 思い出してください。レンゴー八潮工場も、山田洋治商店も埼玉県にあります。

●問題は回収量〜〜〜量が集まれば、事業として成り立つ
  山田洋治商店もレンゴーも積極的で、問題は回収量だけだということです。

10トントラックで運ぶのですから、少なくては事業として成り立たない。多摩全域にこの
流れが広がってほしい、清瀬でも取り組んでほしいと、多摩市の担当者がおっしゃっていま
した。
 

すごい快挙ですね〜!!

多摩市の担当者は「今回はラッキーなことが重なったんです」と謙遜しておられましたが、発端になった「ごみ分別ガイド」も、エコショップ制度も、市民が主体で作ってきたもの。市が市民の力を積極的に受け入れ、恊働して行政を運営するスタイルが根付いているからこその成果です。市民にも行政を引っ張るパワーがあります。

清瀬では、いまだアルミつき紙パック回収の表示をつけさせられないでいる、残念です。



スポンサーサイト
2010.07.31 Sat l ごみともだち通信 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gomitomo.blog116.fc2.com/tb.php/63-5ccf2baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。