上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
本当のことを知りたい人は、ちょっと長いですが見てみてください。
--------------------------------------------------------------------

特別番組

『あえて最悪のシナリオとその対処法を考える』
http://www.videonews.com/on-demand/511520/001784.php

出演:飯田哲也氏(NPO環境エネルギー政策研究所所
長)、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)、青木理 (ジャーナリスト)、
宮台真司(社会学者、首都大学東京教授)、神保哲生(ビデオニュース・ドットコム代表)
ほか調整中


作業員が被曝し、タービン建屋内の水から通常の1万倍の放射能が検出されするなどの
事態を受け、遂に原子力安全・保 安院は25日、福島第一原発3号機で「原子炉のどこ かが損
傷している可能性が十分にある」ことを認めたが、実際は津波や相次ぐ爆発、
海水注入や放水などの影響で、ほとんど全て の計器類が止まっているため、政府も東電も
肝心の原子炉が現在どのような状態にあるのかを正確には把握できていないのが実情 のようだ。

大量の核燃料が入った原子炉が相当の損傷を受け、しかもそこから核燃料が漏れ出している
可能性があるにもかかわらず、「確 認ができないので不確かな情報は出せない」というのが
政府・東電の一貫した立場のようだが、果たして本当にそれでいいのだろうか。
しかも、燃料漏れが指摘される福島3号機は、プル トニウムを含むMOX燃料を使ったプルサーマル
原子炉なのだ。

不必要なパニックは避けなければならないことは言うまでもな
い。しかし、人体や環境に長期にわたり不可逆的かつ深刻な被害 をもたらす原発事故は、予防原則の
立場に立ち、常に「最悪の事態」を想定して対応する必要があることも事実だ。

そこで、今週のマル激では特別番組(無料生放送)として、ここまで確認された情報をもとに、
あえて現在の原子炉がどのよう な状態にあり、そこから想定し得る「最悪の事態」は何なのか
を、専門家らとともに検証する。また、そのような「最悪の事 態」にどう対応すべきかについても、
放射線の専門家らに意見を聞く。

スポンサーサイト
2011.03.28 Mon l まりくーとのつれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
転載します。
--------------------------------------------------------------------

■■■豊田直巳NEWS-8■2011年03月25日 

豊田直巳@フォトジャーナリスト・JVJAです。




2月13日に取材に入った東京電力の福島第一原発の町、双葉町

の放射能汚染調査、取材のルポです。共同通信配信で、地方紙

に22日の朝刊に掲載されたものです。

下記よりご覧ください。

共同通信

http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2011/03/post-132.html



東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011032101000386.html



なお、豊田は19日に、その双葉町から埼玉県さいたま市に避難

した人々を取材さていただきました。それは来月発売の月刊誌

『世界』(岩波書店)に掲載予定です。

また、昨日まで再び双葉町の取材と、石巻市、女川町の大津波

被災地を取材してきました。そちらも順次発表していきたいと

思います。

よろしくどうぞ。豊田拝





■JVJA(日本ビジュアル・ジャーナリスト協会)のビジュアル

・マガジン2月15日!

オンラインPDFマガジン「fotgazet(フォトガゼット)」発行!

の決定です。

お蔭様で、前号でお知らせしたビジュアル・マガジンが、皆様

のご協力で発刊にこぎつけました。

創刊号では私もインドの児童炭鉱労働の写真を掲載します。よ

ろしく、定期購読の申し込みをお願いします。

2月15日、発売・ダウンロード開始です。皆様のご購読を、よ

ろしくお願いいたします。下記より、どうぞ。

http://www.fotgazet.com/





■■■ 豊田直巳 Naomi TOYODA ■■■■■■■■■■■■■■■■■

最新刊 共著 JVJA編『「戦地」に生きる人々』(集英社新書)

    単著『戦争を止めたい~フォトジャーナリストの見る世界』岩波書店

豊田直巳公式HP「境界線の記憶」 http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/

豊田直巳戦火の子どもたち写真展を広げる会

   http://senka-kodomotachi.cocolog-nifty.com/blog/1/index.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2011.03.28 Mon l まりくーとのつれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
◆清瀬ごみともだちのメール会員になりませんか?◆
ごみともだち通信のメール配信(無料)を始めます
今年から、通信のメール配信を始め、紙の節約と郵送費の節約に取り組みます。
メール配信をご希望の方は mako388@hotmail.com まで、メールアドレス
をお知らせください。その時から、あなたは、清瀬ごみともだちのメール会員です。
通信への感想や、ちょっと気になることなどもメールしてくださいね。 
通信のバックナンバーはブログでお読みになることができます。
手渡しの魅力も捨てがたいので、紙の通信の発行も続けます。これまで、郵送で受け
取られていた個人会員の方の、メール配信への切り換え大歓迎です。




西東京市が、可燃ごみ20%減量を達成!
 1月22日、西東京市で開かれた第18回TAMAとことん討論会で、西東京市のごみ減量担当者と市民代表の方々のお話を聞いてきました。
西東京市は、清瀬市、東久留米市とともに柳泉園組合に参加しています。
平成13年に、保谷市と田無市とが合併して「西東京市」になり、合併事業で立ち遅れたごみ減量と資源化を促進するため、平成19年度家庭ごみ3事業を開始し、めざましい減量効果を上げています。

 <平成18年度と平成21年度を比較すると>
ごみ総量で、    約7000トン(15%)減量
可燃ごみだけでは、 約6400トン(20%)減量


現在、リバウンドしないようにと、市、市民が協力して、きめ細かな対策を行っています。
TAMAとことん討論会のような場に、行政担当者が参加する姿勢が、そもそも清瀬市とはちがいます。行政のやる気と市民の協力で、こんなに成果が上がるということを、つくづく実感しました。清瀬も西東京市に学んで、ぜひ追いつきたいですね!!

<西東京市の家庭ごみ3事業の内容は、次号で詳しくお知らせします。>



///柳泉園組合構成3市のごみ量比較///
清瀬市は、平成13年に指定ごみ袋による有料化を実施し、
以降確実にごみ量を減らしてきたのは確かです。
しかし、私たち、行政も市民も、そのことに安心してしまって、
更なる減量努力を怠ってきたのではないでしょうか?
改めて、私たちの現状を、柳泉園組合構成3市のごみ量から見ていきましょう。
190.jpg


上のグラフは、りゅうせんえんニュース2011年2月号に載った
平成21年度の3市の搬入量実績です。
各家庭に配布されていますので、ご覧になれます。3市は、人口も違いますので、
(財)東京市町村自治調査会作成の資料から、一人一日ごみ排出量で比較してみましょう。

比較
2011.03.09 Wed l ごみともだち通信 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。