上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
  今年は、 清瀬市の事業として
  お茶わんリサイクル が実現します

年明け早々の1月4日、清瀬ダイオキシン対策等市民協議会と清瀬ごみともだちとで、
金子市民生活部長と会談し、昨年来話し合ってきた懸案事項の進捗状況を確認しました。
 この中で、金子市民生活部長が、お茶わんリサイクルを市の事業として実施することに
大変意欲的なことから、年数回実施し、運搬と保管、多治見への搬送を市が行い、リサイ
クル現場の運営は市民団体に委託する
方向で考える、ということが確認できました。
 第1弾を、5月の環境フェアで実施することも合意しました。
 詳細は、今後市がプランを練っていきます。市民から希望の多いお茶わんリサイクルが
恒常的に実施できることは、大変有意義です。私たち「清瀬ごみともだち」は、この新事
業が順調に展開するよう、最大限の協力を惜しまないことを約束しました。
 年明け早々、とても嬉しいニュースですね。

<金子市民生活部長との話し合い:主な内容>
●有料ごみ袋の文字表示の改善  今年中に改善されたごみ袋になる。
●「ごみ分別マニュアル」を新しく作り直す  その方向で努力中。
●市報にごみについてのコラムを復活させる  決定。
                    内容について大いに協力する。
●お茶わんリサイクルを市が行う  上記のとおり。
●所沢東部クリーンセンターの不燃ごみ焼却中止申し入れ 実行済


戸田市で順調に進んでいる生ごみ堆肥化事業の基礎には、<市民、企業、行政>
による恊働事業として環境対策を進めるとの基本姿勢があります。また、多摩地区
でも、市民の力を大いに活用している各市が、ごみ減量に好成績を上げています。
 清瀬市も、もっと積極的に市民の力を活用していってほしいですね。
これまでの成果としては、

●中央公園の使えなくなったプールを活用した落葉の堆肥化
2001年1月に、ごみともだちと清瀬市との話し合いの場で、
私たちが提案し、市がさっそく取り入れて実現しました。

●アルミつき紙パックとマルチパックを資源として回収
2005年以降、私たちが学んだマルチパックの問題点(段ボールと一緒に出されると困る、
別途回収が必要)を訴え続け、2009年には、アルミつき紙パックも紙に再生できることを知り、
メーカーと回収業者が協力してくれて、実現しました。

●お茶わんリサイクル
昨年の環境フェアでごみともだちが実験的に取り組んだところ、
とても好評だったもの。


◆エコまつりで
  「ごみのこと、なんでも相談会」を開きます◆
 ■2月8日(火) 13時~15時
清瀬市消費生活センター3階グループ活動室にて
◆11日(金) は全館リサイクルバザー、DVD上映など



///私たちの出す<不燃ごみ>の行方///
昨年10月から、お隣の所沢市が東部クリーンセンターで「燃やさないごみ」のうち鉄とアルミニウム類以外の焼却を始めたため、清瀬ダイオキシン対策等市民協議会を中心に「焼却中止」を求める署名活動を行ってきました。
確か、私たち清瀬の<不燃ごみ>の大半も、柳泉園で焼却処理されているという認識でしたので、私たちは、改めて11月以降、柳泉園と二ツ塚を見学し、詳しく調べました。
 
説明1
説明2

■■判明したこと■■
1)現在、柳泉園から二ツ塚最終処分場には、何も搬入していない。
 つまり、不燃ごみで出された陶磁器類は固形燃料化工場に送られ、そこでは不適物にな
 るでしょうから、結局<産業廃棄物>? それとも?
2)小型家電、おもちゃなどに内蔵されているボタン電池などは、分別不能なので、破砕さ
  れ、固形燃料化工場に行く、そこではいったいどのように処理されるのか? 今後しら
  べる必要あり。
3)清瀬から2.5キロの位置にある所沢市の東部クリーンセンターで、こうしたものを焼
  却すると、ダイオキシンや重金属類の飛散が心配。
4)レアメタルが含まれる小型家電などの回収、分別が必要

清瀬ごみともだちのメール会員になりませんか?
〜〜ごみともだち通信のメール配信を始めます〜〜
清瀬ごみともだちは、今年から、通信のメール配信を始め、紙の節約と郵送費の
節約に取り組みます。
メール配信をご希望の方は mako388 at hotmail.com (at を@に変えて)
まで、メールアドレスをお知らせください。その時から、あなたは、
清瀬ごみともだちのメール会員です。
通信への感想や、ちょっと気になることなどもメールしてくださいね。 
通信のバックナンバーは「清瀬ごみともだち」のブログでお読みになることがで
きます。
手渡しの魅力も捨てがたいので、紙の通信の発行も続けます。これまで、郵送で
受け取られていた個人会員の方の、メール配信への切り換え大歓迎です。
「清瀬ごみともだち」は、市民のボランティアグループです。運営は、会員の会
費によって賄われています。(月額200円、年間2400円)
ごみともだちの活動に賛同し、支えようと思って下さる方々の会費、カンパ大歓
迎です。これからも、ご支援よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
2011.02.05 Sat l ごみともだち通信 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。